• 齊藤 正岳MASATAKE SAITO

    商業簿記・会計学・簿記論 担当
    趣味 - 読書
    出身県 - 長野県

     私は勉強が嫌いでした。商業高校への進学を決意したのも、中学校までの勉強から逃げて、何か別のことをやりたいと思ったからです。簿記との出会いはこの時でした。他の科目にはない魅力を感じ、夢中になって問題を解きました。これなら私にもできるかもしれない、そんな時に進路指導の先生から「CPAは他の学校とは全く違う」と進学を薦められ、夏休みの簿記学習会に参加。全体像から各論点を捉え、考え方を徹底的に理解する、本質を突いた講義には感動しました。さらに、髙橋校長の「暗記やパターンで覚えても実務では通用しない」、「会計力を備えた人財は世界のどこに行っても勝負できる」という言葉に胸を打たれ、上京を決意。CPAへの入学が、私の人生の転機となりました。
     入学してからは、朝から晩まで簿記の学びに没頭する日々でした。部活に明け暮れ、テストの直前しか勉強しなかった高校時代からは、想像できない生活です。誰かに「勉強しなさい」と言われた訳ではありません。CPAで簿記を学ぶことが本当に楽しかったのです。検定合格を手段と考え、実務に通用する本物のスキルを身に付けることを目的に、常に疑問を持ち、考えて学びました。そのうちに、「わかる」ことが嬉しくなり、「できる」ことが楽しくなり、高校時代の自分とは比べ物にならない実力が身に付きました。
     CPAは最高の環境であなたを「プロフェッショナル」に育て、学びの本当の「楽しさ」を教えます。ここでしか学べないこと、得られないことが沢山あります。勉強が嫌いなあなた。今のままではダメだと思っているあなた。私はCPAで変わりました。次はあなたが変わる番です。

    ページの先頭へ戻る
  • 山口 能敬YOSHITAKA YAMAGUCHI

    広報・就職 担当
    趣味 - スポーツ観戦 音楽鑑賞 筆文字
    出身県 - 熊本県

     2003年夏、高校の先生の紹介で、東京にある本校を訪問しました。驚いたことに、校長先生自らが対応されました。教育に対する熱い思いに衝撃を受け、感動したことを今でもはっきりと覚えています。このCPAとの出会いで、熊本県の簿記教育が大きく発展していくことになります。
     校長先生から 「熊本県から日本の商業教育の存在意義を示してほしい。全力で応援する。」 私は、12年間熊本県の商業の教諭として勤務していました。CPAの「考える会計教育」を実践した結果、高校在学中に、日商簿記1級・全経簿記上級・簿記論・財務諸表論の合格者まで現れ、さらに、卒業後CPAで学んだ多くの教え子達が、最年少税理士試験合格者をはじめ、驚くような成果を出すのです。また、資格だけでなく、「勉強が楽しい」「読書の習慣が身についた」「社会に貢献したい」などの声。このような、本物の会計教育・人財教育は、CPAの学びでしか得られないと感じました。そして、熊本校の開設にあたり、CPAで働きたいと思うようになり、設立時から当校に勤務しています。
     5年目を迎え、すでに3人の税理士が誕生しました。普通科出身や高校在学中に簿記3級程度の学生が、日商簿記1級や全経簿記上級に合格していることも、当校の魅力です。学習面だけでなく、ボランティア活動や、居酒屋てっぺんの大嶋啓介さんを招いての講演会なども実施しました。コミュニケーション能力を高めるために、「パワースピーチコンテスト」など、ユニークな活動も行っています。
     常に学生は燃えて学んでいます。是非、CPAで2年間本物の学びを通して、社会で活躍できる人財となりましょう。「火の国」熊本でお待ちしています。

    ページの先頭へ戻る
  • 赤池 拓弥TAKUYA AKAIKE

    法人税法 担当
    趣味 - 音楽鑑賞
    出身県 - 熊本県

     私は、ここ熊本の出身です。熊本校の開校はとても嬉しく、地元である熊本をよりよく発展させるための大きなチャンスだと考えています。
     「勉強=嫌なもの」と考える人は少なくありません。私もその一人でした。しかし、「考える学び」を実践するこの学校に、学生時代の私は大きな驚きと、大きな期待を感じたことを覚えております。その「考える学び」を通じて、熊本から将来を担っていくことのできる人財を送り出し、社会に貢献することができれば、私自身も熊本に恩返しができるのではないかと思っています。
     私は、熊本校で「税金」について教えています。「税金」と聞けば、おそらく多くの人が「難しいもの」や「自分にはあまり関係がないもの」といったイメージを抱くだろうと思います。しかし、税金に全く関わらず生活している人はいません。非常に重要な知識であり、かつ、社会からも必要とされる知識です。そこで、私は学生時代の自身の経験を活かし、「いかに分かりやすく説明し、学生の皆さんに理解してもらえるか」ということを自分なりのテーマとして掲げ、日々講義を行っています。税金の知識を身につけるということは、決して簡単なことではありません。しかし、日々考えながら学び、努力を怠らなければ、これから皆さんが生きていく上での大切なスキルになる可能性は十分にあります。
     楽な道ではありませんが、一緒にやっていきましょう。

    ページの先頭へ戻る
  • 杉山 亜夢里AMURI SUGIYAMA

    商業簿記・会計学 担当
    趣味 - ショッピング・一人旅
    出身県 - 熊本県

     こんにちは!商業簿記・会計学担当の杉山亜夢里です。名前の由来は日本だけでなく、外国(アジアの「亜」)でも活躍して、自分の「夢」を叶え、その後「里」(故郷)に戻り、地元貢献する人財(財産)となるという意味が込められています。現在、日本国内で多くの外国の方を見かけるようになり、外国でも多くの日本企業が存在する、グローバル社会で私たちは生きています。そのような社会で必要なスキルといえば何でしょうか?私は万国共通の言語である「複式簿記のスキル」であると確信しています。
     高校生の皆さんに「勉強は楽しいですか?」と質問すると、「勉強は嫌い、つまらない」という答えが大多数です。対して複式簿記を学んだCPAの学生に同じ質問をすると「複式簿記の学びは楽しい!」という答えが返ってきます。この差は何なのでしょうか。それは一般的な勉強が「結果」だけをただ暗記して、テストで良い成績を取ることを目的としているからです。複式簿記の学びは結果を暗記するのではなく、全ての結果に対し「なぜ?どうして?」という疑問を持ち、「原因」を学ぶ学問ですから、学びが楽しくなってくると同時に、真の複式簿記のスキル=実社会で役立つスキルを身に付けることができます。皆さんの人生にも複式簿記を適用すれば、例えば、「今」自分が楽しくないとすればそれなりの「過去」に原因があり、「将来」楽しく仕事をするという結果を生み出すには、「今」本気で実学である複式簿記を学ぶ必要があります。社会で仕事をしていく80年間を楽しく生きるためには、いつかは本気になる必要があります。あなたの人生の中で本気になるのは、10代最後のこの2年、そう「今」です。

    ページの先頭へ戻る
  • 緒方 将大MASAHIRO OGATA

    工業簿記・原価計算 担当
    趣味 - 映画鑑賞、映像編集など
    出身県 - 熊本県

     高校生のみなさんは、今すぐ社会に出て、会社に必要な「人財」になる自信がありますか。私が高校生の時には、その自信はありませんでした。なぜ自信がないのか。それは、自分の核となるスキル(技)を持っていなかったからだと思います。
     当校では考える会計教育を徹底して実践しており、解法を暗記させることは一切ありません。試験に受かるためには、暗記が効率的な場合もありますが、当校では試験合格よりも「理解できた喜び」を感じてもらいたいので、どんなに些細な論点でも考え方を押さえさせます。
     そういったことを徹底するうち、試験に受かるレベルの力は当然身につきますし、同時に物事の本質を捉えることができ、柔軟で論理的な思考を持つことができます。
     一応、試験日近くに模擬問題等で最低限の対策は行いますが、重要な事はやはり理解です。理解できていれば、検定対策などほんの数日で終わってしまうのです。
     つまり、当校で学ぶ事で、本物の会計スキルをアップさせ、自分の核として持つことができます。核を持つことは自信に繋がり、自信を持つことは成功することに繋がります。「自分はできる」と思って様々なことにチャレンジすることで、何事も上達するのです。
     当校では、数あるスキルの中で、会計を徹底的に教育しています。ビジネスの基本である会計を核とするため、共にCPAで学びましょう。

    ページの先頭へ戻る
  • 葦田 聡SATORU ASHIDA

    所得税法 担当
    趣味 - ドライブ
    出身県 - 熊本県

     こんにちは、私は、東京CPA会計学院で税法(所得税法)を担当している葦田聡です。
     そして私は、このCPAの卒業生(熊本校1期生)でもあります。
     ところでみなさんは、今まで何のために学んできましたか?何を目指し、学んできましたか?この問いに答えらえる人はそう多くはないでしょう。私も、このCPAに入学するまでは、そのようなことは少しも考えたこともありませんでした。小学校から高校まで、ただなんとなく学校に登校し、ただなんとなく授業を受け、今が楽しければそれでいいという学生生活を過ごしていました。
     しかし、高校生の時に高橋学校長の話を聴く機会があり、学問に対するいままでの学び方や将来に対する考え方を改めさせられことを今でも覚えています。
     人生なんとかなるでは明日を生き抜くことはできません。自らの頭で考え、そして明日を生き抜くスキルを身につけこの厳しい社会と戦っていかなければなりません。
     では、もう一度問います。あなたは今まで何のために学んできましたか?何を目指し、学んできましたか?今すぐその答えを見つける必要はないですが、CPAではこれらを考える環境とチャンスがあります。そして、志を共にする仲間もいます。
    CPAでの2年間を本気で学び、自分のやりたいことを見つけ、一度しかない人生を後悔しないように生きてみませんか?

    ページの先頭へ戻る
  • 鳩野 祐士YUSHI HATONO

    消費税法 担当
    趣味 - ドライブ 温泉
    出身県 - 熊本県

     こんにちは。CPAの先生の中で1番若い鳩野です。そして、第66回税理士試験で5科目に到達し、その年の最年少合格した鳩野でもあります。
     私は、税理士を中学時代から目指していました。そのため、高校は商業高校に入り、そしてCPAに入学。CPAに入学した理由としては、本物の複式簿記が学べるというよりも税理士試験に合格できる最短の道と思って入学したのが1番の理由です。しかし、いざ入学したらその考えは吹き飛ばされました。試験に合格するだけでは意味がないと思い始めたのです。税理士試験に最年少で合格した私ですが、合格して変わったことと言えば履歴書にその資格が書けることぐらいです。所詮資格なのです。その資格を持っていようが実社会で活躍できるとは限りません。資格に固着するあまり考えが偏っている人はたくさんいると思います。私もその一人でした。CPAに入学し、そのことに初めて気づいたときは、自分の愚かさに恥ずかしくなりました。
     「起業家になる人財」を私は作りたいと思っています。起業は私もまだしたことはないですが、いずれはします。有言実行します。起業は本当に血のにじむような努力や忍耐が必要など、想像を絶すると思います。しかし、いくら口で言ったところでそれを経験しないことには何も言えないのです。「難しい」「安定していない」などと言う人もいます。様々な世の中ですのでいろんな意見があっていいと思いますが、最終的決断は自分です。自分がいいと思った道を進んでください。その進む道に私も入れてくれませんか?今起業を目指したいと思っている人、全然起業を考えてない人も1度私と語り合いませんか?

    ページの先頭へ戻る